検索サイト内検索   キーワード: AND  OR     検索方法について
消費者啓発

消費者教育とは?

昨今、消費者トラブルは、複雑で高度化を増してきています。自らが利益擁護と増進のために消費生活に関する知識を積極的に習得し「合理的な判断」によって消費行動を実行する力が必要とされています。
北海道立消費生活センターでは、「消費者教育」のための様々な支援を実施しています。ぜひ、ご利用ください。詳細についてはこちらをご覧ください。

体験学習講座

北海道立消費生活センターでは、消費者に生涯を通じて、消費生活に必要な知識の学習機会を提供するため、通常業務で行っている商品テストでの経験を活かし、より消費者に分かりやすく、かつ身近に感じる体験テストの学習方法を取り入れた消費生活講座を開催しています。詳しくはこちらをご覧ください。

啓発リーフレット

以下のリーフレットを作成しました。ご活用ください。

 北海道立消費生活センター相談窓口で受けた相談事例の中で、特に被害の多かったものなどを中心にまとめて掲載した、2種類のリーフレットを金融広報中央委員会の助成を受けて、北海道が作成しました。

 若年層向けに「契約」と「悪質商法」をテーマに平成20年6月にリーフレットを作成しました。ご活用ください。

 以下3種類のパンフレットは金融広報中央委員会の助成を受け、平成18年3月に北海道が作成したものです。

日頃の心がけが大切です。見やすい場所に貼っておきましょう。

くらしのセミナー

今年度は消費生活に関する基礎知識や最新の情報をテーマにセミナーを8回実施します。詳細についてはこちらをご覧ください。

見学のごあんない

北海道立消費生活センターは、消費生活にかかわる情報や知識を容易に習得することができる機会を提供する施設です。個々の消費者の方はもちろん、団体でもご利用いただけます(団体は要予約)。詳しくはこちらをご覧ください。

フリー見学会〜行ってみよう!消費生活センター

道民に対して北海道立消費生活センターをひろく理解していただくとともに、消費生活にかかわる情報や知識を、消費者が容易に習得できる機会を提供することことを目的とした見学会です。事前の申し込みは不要です。お気軽に直接センターまでお越しください。なお、詳しくはこちらをご覧ください。

啓発パネルの貸出し

パネル貸し出しについては、こちらをご覧ください。

カルチャーナイト

カルチャーナイトとは、公共施設や文化施設、民間施設を夜間開放し、市民が地域の文化を楽しむ行事です。各施設がもっている専門分野や特色を生かした文化プログラム提供します。北海道立消費生活センターも毎年参加しています。詳細はこちらをご覧ください。

出前講座等のご案内

●消費者教育・活性化事業
 平成18年度から北海道より委託を受けて、(一社)北海道消費者協会が「消費者被害防止啓発事業」として各種講座を行っております。詳しい内容につきましては、(一社)北海道消費者協会ホームページの「平成28年度消費者教育啓発セミナー開催事業の実施」をご覧ください。(担当:教育啓発グループ)

●学校訪問講座(小・中・高・大学)
 (一社)北海道消費者協会では、北海道からの受託事業の一環として、自主的に判断のできる自立した消費者を育むため、消費者教育を支援しています。小・中・高・大学における消費者教育においては、「児童生徒自身が消費者であり、購買者として社会の中で大きな役割を担っているということを自覚させる」ことをテーマに、学校教育でできるワークショップ型を中心とした講座の講師派遣事業を実施いたします。詳しい内容につきましては、(一社)北海道消費者協会ホームページをご覧ください。(担当:教育啓発グループ)