検索サイト内検索   キーワード: AND  OR     検索方法について
消費生活トピックス

サイト内トピックス

2011年(平成23年)掲載分

「ストップ!クレジットカードの現金化」キャンペーンについて

・消費者庁では、平成22年12月より消費者がクレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用することをやめるよう呼びかける「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンを実施しています。
 クレジットカードには、商品やサービスを購入し、後払いできる「ショッピング」機能と、お金を借り入れる「キャッシング」機能があり、それぞれに利用できる金額が設定されています。
 「クレジットカードショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することです。クレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。
 最近、インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などという広告が掲載されていることがあります。
 これらは、一部の業者が当座の資金に困ったカード利用者に、ショッピング枠を現金化するように勧誘するものです。しかも、カード利用した代金はクレジットカード会社に支払わなければなりません。その場でいくらかの現金を手に入れたとしても一時的にしのげるだけで、結局は自分の債務を増やすことになります。
 また、消費者自身も犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあり、大変危険な取引なので「クレジットカードショッピング枠の現金化」を目的としたカード利用はやめましょう。
 詳しくは、こちらをご覧ください。(蓮舫消費者担当大臣よりメッセージ)

★借入れや返済でお悩みの方は、クレジットの現金化を考える前に速やかにお近くの消費生活センターにご相談ください。
 消費者庁ホームページ(関連情報のページ) ※サイト外リンク


(啓発部)