検索サイト内検索   キーワード: AND  OR     検索方法について

消費生活相談

3月14日(日)、特別相談「賃貸住宅トラブル110番」を
札幌弁護士会と共同で実施します!(終了しました)

実施目的

当センターに寄せられる賃貸住宅に関する相談は毎年相談件数の上位を占めています。とくに解約時のトラブルが多く、その内容は「退去時に床や壁紙の張り替えなど高額な修繕費を請求された」、「敷金が返金されない」といったものとなっています。3月は就職や進学、転勤などにともない賃貸住宅からの退去や、転居先で新たな賃貸借契約を結ぶ機会が多いと考えられます。このため賃貸住宅トラブルの被害救済、未然防止を目的として、特別相談「賃貸住宅トラブル110番」を札幌弁護士会と共同で実施します。(終了しました)

主催者

北海道立消費生活センター
札幌弁護士会

受付日時

平成22年3月14日(日) 10:00〜15:00

実施方法

特設電話により無料で相談を受け付けます。

専用電話番号:011-221-3999

※当日は上記特設電話でのみ相談を受け付けます。面談による相談はできません。

主な相談事例

・雑誌広告を見て事業者に電話をし、パンフレットを送ってもらった。店舗に行き、学生用アパート2室を申し込んだ。部屋を押さえておくので、申込金を払ってもらいたいと言われてお金を払った。翌日電話でキャンセルを伝えると、「手付け」なので返金できないと言われた。契約書は交わしておらず納得できない。

・10年程前から入居している賃貸アパートの灯油FFストーブが故障した。管理会社に連絡すると「2、3年に一度分解掃除が必要なのに、一度もしていないのは借主の責任だ」と言われた。契約書には分解掃除についての記載はなく、借主負担は納得できない。

・入居時に管理会社に確認後、台所に布巾掛けを両面テープで貼り付けた。退去時に剥すと壁の表面が少し剥れ、原状回復として壁の工事一式、また特約にあるストーブの清掃料を合わせて、敷金と相殺すると通知された。詳しい明細書などはもらえず、事業者に提示を求めても応じない。請求の根拠がわからず納得できない。

・賃貸アパートの家賃の支払いを2ヶ月間滞納したところ、鍵をかえられ部屋に入れない。契約書には、特約事項として家賃の滞納をした時は鍵を変えるとの記載はあるが、失業したので収入がない。もう少し待ってくれれば支払いのめどが立つ。事業者に頼んでみたが、明日までに払って欲しいと言われた。